わくわくTRIP

楽しかったこと、嬉しかったこと、役立ったことを発信します。

ANAシンガポール便の話

こんにちは。こじまです。

 

楽しい旅行には、快適な移動が不可欠!近年LCCがかなり増加していますが、とにかく狭い上、機内サービスが一切ないこと、そして何より預け荷物が有料であることを理由に、極力LCCを避けています。

ANAJALならマイルも貯まり、お得に旅ができます。

今日は私が好んで利用しているANAの国際線の感想を記したいと思います。

 

 

 

 

 ANAシンガポール便は羽田のみ

ANAシンガポールへ行こうと思うと、羽田を経由しなければなりません。私は関西在住なので、手間になります。

しかし、羽田⇒シンガポールと、神戸・伊丹・関空⇒羽田⇒シンガポールは、ほとんど料金が変わりません。価格面で地方と都市の不公平感をなくしている点は好感が持てますね。

 

f:id:hiroki-vk:20171130110841j:plain

神戸空港で手荷物預けカウンターへ行くと、羽田での国際線乗り継ぎバス乗車表をいただきました。

ちなみに、国内地方空港⇒羽田⇒海外空港の場合は、羽田での預け荷物受け取りは必要なく、海外空港で受け取れますが、その逆の海外空港⇒羽田⇒国内地方空港の場合は1度羽田でピックアップが必要になります。

f:id:hiroki-vk:20171130114736j:plain

ここで受け取れよ!とチャンギ国際空港のチェックインカウンターで丸を付けてもらったのでさすがに忘れませんでしたが、シンガポールで預けたら次の受け取りは伊丹で良いと思い込んでいたので、忠告ありがたかったです。

 

f:id:hiroki-vk:20171130111207j:plain

案内を見れば済む話ではありますが、こうやって乗り継ぎ経路を乗車表に載せてくれているのは嬉しいですね。

f:id:hiroki-vk:20171130111422j:plain

案内にしたがい、指定のゲートに行けばバスが待っています。深夜便だったこともあってか、国際線乗り継ぎをするお客さんは少なかったです。周りに流されないようにしなければいけませんね。

 

SKY LOUNGE

f:id:hiroki-vk:20171130111739j:plain

国際線ターミナルで出国を終え、ラウンジに向かいました。プライオリティパスが使えるラウンジは羽田にはありません。仕方なくカードラウンジであるSKY LOUNGEへ向かいます。

プライオリティパスに関してはこの記事をご覧ください。

wakuwakutrip.hatenablog.com

SKY LOUNGEはだだ混みでした。居心地がいいとは言えませんが、ふかふかのソファでくつろぎ、ジュースを飲みながら雑誌を読む搭乗前の時間が好きなので、カードラウンジでも、あるだけでありがたいです。

 

POWER LOUNGE North

f:id:hiroki-vk:20171130115230j:plain

こちらは、帰国時の国内線乗り継ぎの待ち時間に立ち寄ったラウンジです。確か最近新しくしていて、すごくきれいです。

ゲートより1つ上の階になり、さらに最も北にあり、搭乗口によってはかなり遠いと思います。よって利用者は少なめです。

いつもは南側にあるラウンジを利用することが多いので、今回はあえてこちらを利用しましたが、朝のビジネスマンが多い時間にも関わらず、南側のラウンジと比べてもとても快適でした。

f:id:hiroki-vk:20171130115703j:plain

朝限定だと思いますが、パンのサービスもあります。

f:id:hiroki-vk:20171130115856j:plain

そして個人的には、空港ラウンジは、大きな窓から滑走路を拝めることがとても重要だと思っています。その点でもここは最高でした。

国内線カードラウンジは神戸、伊丹、関空、羽田、福岡、仙台、新千歳、新潟で立ち寄りましたが、その中では断トツナンバー1の居心地の良さです。

 

ANAシンガポール便

機体はB787でした。当然エコノミークラスでしたが、きちんとブランケットと枕が用意してありました。この2つは中長距離では不可欠だと思うので、ありがたいです。

また、座席にはタッチパネルの液晶がありました。

f:id:hiroki-vk:20171130113710j:plain

映画やドラマに加え、雑誌も見れるんですね。目が疲れるので映画を見ながらうとうとしました。

 

f:id:hiroki-vk:20171130113858j:plain

入国カードも機内で配られました。空港の入国審査ゲート前にもあるのですが、結構煩わしいので、機内で配ってくれるのはすごくありがたいですね。

ボールペンは貸してくれますが、持参するようにしておくと良いです。

 

機内食(朝食)と、その他のお菓子

f:id:hiroki-vk:20171130120323j:plain

離陸してすぐにお菓子が配られます。これは日本発の便で配られたものです。おなじみのおかしで、安定のおいしさですね。

f:id:hiroki-vk:20171130120455j:plain

これは、シンガポール発の便で配られたものです。チーズ味のポテトチップスとフィナンシェ。日本発より少し豪華かな?と思いましたが、フィナンシェは固くぱさぱさで残念すぎました。ポテトチップスは日本でつくられたものとほぼ同じ味だと思いました。

 

f:id:hiroki-vk:20171130120940j:plain

こちらは日本発の機内食。深夜便ということで、朝食になります。洋食か和食の2択で洋食をお願いしました。ポーチドエッグとパンケーキ、その他いろいろですが、やはり日本でつくられたものは口に合い、どれもおいしかったです。

f:id:hiroki-vk:20171130120953j:plain

こちらはシンガポール発の機内食。ここでも洋食か和食の2択で、洋食にしました。おそらくシンガポールでつくられたものだと思いますが、こちらも総じて口に合いました。オムレツは、中身がミンチではなくそのまんま卵で、オムレツというよりは卵のかたまりでした。わりと胃にくる、、。笑 そばがめっちゃ嬉しかったです。

やはり、ANA5スターエアラインなだけあり、深夜便でも本当に快適でした。

 

まとめ

f:id:hiroki-vk:20171130121905j:plain

快適な旅行は、快適な空の旅から。

神戸にJALが就航していないことから自然とANAを利用しだしましたが、やはりANAのサービスは最高です。キャビンアテンダントの話し方も、本当にプロといった感じで、これはLCCと比べると雲泥の差です。

ただの輸送機器だと割り切れる人はLCCで良いと思いますが、私はサービスの質を大切にしたい性格ですので、ANAを多く利用します。

国際線になると、サービスの質の良さがより顕著に表れるので、シンガポール旅行にANAを利用してよかったと思います。また、他の航空会社もいろいろ利用して、比較していきたいなとも思います。

この記事を読んで少しでもANA便に乗ってみたいと思っていただけた方がいれば嬉しいです。